キャンプのこと

サバティカルの新作テント『アルニカの6つの優秀さ』について語ってみる。

投稿日:2020年2月7日 更新日:

こんにちは。

久しぶりの投稿です。

テントが壊れるとともに冬になったのでキャン活を中止していた小生ですが、花粉の訪れとともに優秀すぎるテントが発売になるということで再びキャンプ熱が煮えたぎってきた次第にございます。

図らずも私にブログを執筆させんとするそのテントの名は、サバティカルの『アルニカ』

今回はその優秀ぶりについて語りたい。

アルニカの優秀さについての私の見解

アウトドアショップA&Fが独自に展開するブランド『サバティカル』から2019年末に発表されたのが、このアルニカとその他3商品。

実物を見ていない現段階で、「こりゃ優秀だ」と思わずにはいられないポイントが6つあります。

1:デザインが◎

特に色味。サンドストーンというベージュ系の色が採用されているのですが、他のブランドでも多く採用されているように、昨今最も人気のある鉄板カラーと言っても良いのではないでしょうか。

自然の中に馴染みながらも、他のギアにどんな色を持ってきても合う色です。

サイト内で一番大きなギアが何でも合わせやすい色だと汎用性が高くて、サイトコーディネートがしやすいと思います。

2:スカート付属

個人的には全てのテントに付いていてほしいスカート。

デザインが気に入っていてもスカートが無いだけで購入を躊躇してしまいます。

それぐらい冷気や雨風の侵入を防ぐことができるというのはポイントが高いです。

使わないときは捲っておくことも可能だそう。

3:8面がメッシュになる

パネル8面全てが2重構造になっており、メッシュパネルにすることができます。

アルニカの生地はポリエステルということで、蒸れやすいので全面メッシュというのは非常に重宝しそうな機能です。

4:トンネルテントは張りやすい

トンネル型テントって張りやすいんですよねー。スノーピークのヴォールトを使っていた時に身をもって体感しました。

特に小さいお子さんのいるファミリーキャンパーさんなんかは、ママが子供を見ている内にパパが一人で設営ってこともあると思うので、サクッと張れるトンネル型は本当にオススメですよ。

更にアルニカはトンネル型の弱点である強度の部分もサイドにポールを足すことで補ってくれています。

これによって張り綱が少なくなるのも設営撤収時間の短縮につながる嬉しいポイント。

5:タープいらず

アルニカはキャノピーが連結して跳ね上げられる仕様になっているので、日陰の有効スペースを広げることが可能です。

これによって4〜5人ぐらいまでのキャンプなら、インナーテントを付けたとしてもタープ無しで十分な気がします。

一泊二日のキャンプをすることが多いと思うのですが、タイムテーブルを考えた時にテントもタープも設営撤収となると、そこにかける時間の比重が増えてしまうと思うんです。

それがテント一つで済めば、ゆっくり寛いだり子供と遊ぶといった本来の楽しみに時間を使えるはずです。

6:高コスパ

ここにつきますよホント。

税込84,480円。

個人の主観があるとは思いますが、他社から販売されているライバルになりそうなテントと比べるとそう高くない金額だと思うんです。

これだけの優秀なテントをこの値段で買えるのは非常にコスパが高いと言っていいはずです。

A&Fよ、企業努力に感謝します。

以上、アルニカが優秀だと思う6つのポイントでした。

アルニカの基本スペック

本体×1 ルーフ 210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工、ウォール 75Dポリエステルタフタ・PU加工・撥水加工・UV加工
インナーテント×1 ウォール 68Dポリエステルタフタ/ボトム 210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール長×2 A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインフレーム短×2 A6061・Φ16mm
ブリッジポール×2 A6061・Φ13mm
ペグ×24 スチール・20cm
3.5mロープ×4 ポリプロピレン・Φ4mm
2.5mロープ×8 ポリプロピレン・Φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1 210Dポリエステルオックス
生地 ポリエステル
重量 総重量20.5㎏(ポール5.8㎏、ペグ1.9㎏)
収納サイズ L81cm×W42cm×H35cm

アルニカの生地について

生地は撥水性と遮光性を高めたポリエステルが使われているようです。

前作の2つのシェルターにはポリコットンが使われていましたが、今回はポリオンリーということで取り扱いやすさがメリットですね。

でもなんだか来秋冬あたりにポリコットンバージョンもリリースしそうな予感もしますな...。

まとめ

結論、買います!

上の写真のヘキサライトが暴風によって引き裂けて入院中ということで、2ルームで立てやすくてオシャレなテントを探していた私にとって、これ以上のテントはありません。

てことで争奪戦必至のアルニカを是が非でもゲットしたいと思います!

ちなみに、トンネル型テントといえば元祖のレイサと今一番人気のカマボコテントがありますが、アルニカをレイサ6とカマボコアルニカ3と比較した記事も書きましたので、併せてご覧ください。

追記:2020.03.05

以下、サバティカル公式ホームページより引用

2020年モデルの発売時期について

2020年新製品のテント「アルニカ」「ギリア」、タープ「ルピネM」「ルピネL」 の発売時期を3月末頃にて予定しておりましたが、 新型コロナウイルス感染症の影響により、 入荷遅延や生産延期などの不測の事態が発生しております。

現時時点では、4月末から5月頃の発売予定となる見込みです。 新型コロナウイルス感染症の影響を注視しつつ、少しでも早く商品をお届けできるよう取り組んでまいりますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

なんと...。

心待ちにしていただけに残念です。

しかし、こればかりは仕方のないことですね。誰も悪くはありません。

気長に待つとしますか!他のものポチりながら。笑







-キャンプのこと
-,

Copyright© MINI Camper's Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.