キャンプのこと

最強アウトドアチェア!スノーピーク"ローチェア30"は買ってはいけない!?

投稿日:

 

キャンプをするならデイにしても泊まりにしても必需品のアウトドアチェア

ホームセンターに行けば1000円前後でも手に入ります。しかし長い時間を過ごす場所だからこそ、こだわりたいところ。

私は数あるアウトドアチェアの中からスノーピークのローチェア30を選びました。

この椅子は私が初めて買ったスノーピーク製品なのですが、それからスノーピークの虜になってしまいました。

キャンプ用語では「沼にはまった」と言うみたいですね。笑

今回は、私を沼に引きずり込んだローチェア30についてご紹介していきます!

スノーピーク"ローチェア30"基本情報


出典:スノーピーク

価格 16,000円+税
セット内容 本体、収納ケース
カーキorブラウン
材質 フレーム/アルミニウム合金
肘掛け/竹集成材
金具/ステンレス
シート/ポリエステル
重量 3.6kg
サイズ 58×65×86(h)cm
収納サイズ 16×18×101(h)cm
座面高 30cm

この座面高30cmというのが、ローチェア30の名前の由来となっています。

値段は16000円+税とアウトドアチェアの中でもトップクラスの価格設定です。ホームセンターの椅子が何個買えてしまうんでしょうか。

それでもこのドリンクホルダーすら付いていない椅子に私は魅了されてしまっています。

何故か。

その特徴も踏まえながら説明していきます。

ワンタッチで開閉できる中央収束式


出典:スノーピーク

ローチェア30は袋から取り出したら、ワンタッチで一瞬にしてセットできます。余計な組み立て作業は一切不要なので、サクッと設置してサクッと撤収できて非常に使い勝手がいいんです。

もちろんワンタッチで開閉できるアウトドアチェアならたくさんありますが、ローチェア30は中央収束なので収納時に細長くコンパクトになります。


出典:スノーピーク

これによって運搬や保管時にもストレスなく扱うことができるからありがたいです。

こちらの動画のように女性の方でも難なく扱えると思います。

出典:スノーピーク

安定感がある


出典:スノーピーク

ローチェアということで座面を低くしている分、重心も下がるお陰で非常に安定感があります。

小さな子供が端からよじ登ったりしてもひっくり返ったりすることなく、ドシッと安定しています。

我が家には悪戯盛りの2歳の息子がいるのでここはポイントが高いです。

迷っていたヘリノックスのコンフォートチェアだと非常に軽くて運びやすいのでいいのですが、その分すぐにひっくり返りやすそうなので、我が家はローチェア30を選びました。

座り心地が最高

出典:スノーピーク

何と言ってもこれでございますよ。

椅子の幅といい、座面や背もたれの高さといい、座面の張り感といい、抜群に良いです。

特に生地に関してはカタログ上はポリエステルと記載がありますが、帆布のような生地になっているので、しっかりとしていて丈夫な印象があります。

そのお陰でドシン!と座ってもキシミなど無く受け止めてくれるんです。

安価なアウトドアチェアだと薄い生地が使われていることが多いので、座るとミシミシ聞こえたりして耐久性に難がありますよね。(実際私は壊してしまった経験有り)

出典:スノーピーク

また、座面高30cmが驚くほどリラックスできる高さなんです。

一度座ったら最後。もう立ち上がりたくなくなります。笑

これが買ってはいけない所以です。キャンプ中に一番働かなくてはいけないパパが寛ぎすぎて立ち上がらなくなったらママ激怒ですからね。

って言うのは冗談で、本当にこれが丁度いい高さなんですよ。

40cm程度のテーブルと組み合わせれば、ベストマッチで作業もはかどります。

ちなみに我が家は高さ40cmであるスノーピークのジカロテーブルと、

バイヤーオブメインのロールトップテーブルを使っています。

この二つが他メーカーですが、高さ40cmでツライチになるので無駄な段差が無く使い勝手がいいんです。

また、高さは43cmになりますが、キャンプ用のサイドテーブル等として圧倒的な人気を誇るユニフレームの焚き火テーブルなんかも高さ的には相性がいいと思います。

ローチェア30とこの焚き火テーブルだけもって公園でピクニックなんてのもいいかもしれませんね。

ちょっとイマイチなところ

ここまで紹介したようにとても良いローチェアなんですが、ちょっとイマイチなところも2点だけあります。

付属の袋が小さく感じる

これが結構グッと押し込んでもどうしても袋の口から少しはみ出してしまうんですよね。

出し入れの際もゆとりが無いのでやり辛さを感じています。

使っていて、もう一回りだけ大きくしてくれたらなぁ〜と思うこと多々ありです。

やや重い

重量が3.6kgと、アウトドアチェアの中では比較的重めの部類です。

成人男性であればなんてことの無い重さではありますが、先ほどのヘリノックス コンフォートチェアの900gというのを見ると少し重く感じていまいます。

ただ、ハイバックで金属部分や生地部分が多くなっている分しょうがないと言えばしょうがない点ではありますし、この重量があるからこその安定感なのでまあデメリットとまではいかないとは思います。

まとめ

イマイチだと思う部分も書いてみましたが、私はそれを踏まえた上でもこのローチェアの魅力に惚れています。

この細部まで作り込まれた椅子の本当の魅力は、実際に座った人にしか分からないと思うので、是非近くの取り扱い店があれば一度座ってみてください!

もうそのお店から出られなくなると思うので。笑

それでは、今回はこの辺で。







-キャンプのこと
-,

Copyright© MINI Camper's Life , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.