キャンプのこと

アルペンアウトドアーズ春日井店は巨大宝箱!!圧倒的な品揃えにワクワクが止まらない!!

投稿日:

 

GWも終わりいよいよキャンプシーズンを迎えようとしていますね。

今年は第二次キャンプブーム元年と言っていいぐらい、今までアウトドアに興味が無かった人の目が集まっているように感じます。(私もその一人)

そんな中、ブームの波に乗るように絶好のタイミングでオープンしたアウトドアショップ、アルペンアウトドアーズ春日井店

オープン前から話題を集めていたこのショップに先日私も行ってきましたが、今まで見てきたアウトドアショップとは比べものにならないくらいの品揃えに、終始少年のように胸が高鳴り続けていました。笑

ということで今回はアルペンアウトドアーズ春日井店のレポートをしていきます!

アルペンアウトドアーズとは?

こちらの三角型の店舗に見覚えがある人も多いのではないでしょうか。

形は同じでもアルペンアウトドアーズは木目を用いて、イマドキなキャンプサイトで良く見かけるナチュラルな雰囲気に仕上げられていました。

そんなアルペンアウトドアーズは、愛知県名古屋市に本拠地を置く株式会社アルペンが、2018年4月26日に同県春日井市にオープンした、グループ新業態となるアウトドア用品専門店です。

各方面から注目が集まる理由は、何と言ってもその品揃え!

160ブランド、5万点以上の商品を取り扱う国内最大級のモンスターショップなんです!

アウトドア雑誌のGO OUTで広告を見てから行きたくてウズウズしていましたが、タイミングが無く、先日やっとの思いでお邪魔することができました。

アルペンアウトドアーズは名古屋方面から国道19号線を北上していくと、右前方、ゲオの向かい側に見えて参ります。

駐車場は敷地外にも2つありましたが、店舗の地下も駐車場になっていました。

この日は小雨が降っていましたが、濡れること無く店内へ入れるのはありがたかったです。

新しいお店のロゴを横目に店内へ向かいます。どんな世界が広がっているんでしょうか。すでにワクワクが止まりません。

階段の壁には取扱いブランドのロゴたちが。なかなか取扱のないブランドまでラインナップされていてこれは期待MAXでちびりそうです。

いざ、店内へ!!

バーーーーーーーーン!!!!

圧巻です。まさに圧巻そのもの。

WILD1よりも大きなアウトドアショップに行ったことのない私は開いた口が塞がらず失禁寸前。

って言葉が出てくるぐらい店舗面積が広い。

入り口右手では大人気テントのノルディスク社・アスガルドがお出迎えしてくれていました。

(初めて本物見たー!やっぱり可愛い!!)

私の持っているエントリーパックTTに付属するヴォールトのテント内は「寝るための場所」という感じなので、これだけ居住性の高いテントはやはり別用途で欲しくなってしまいますね。

それでは左手の方から見ていきます。

こちらには雑貨類が置かれていました。

バケツで人気のマーキュリーや、カブー、スタンレー、エルパソのラグなどおしゃれキャンプサイトで見かける小物達がずらりと並んでいました。

楽天市場などネットで見かけても手に取れることが少ないものもあり、こんな入り口からすぐのところで長い時間足が止まってしまいました。

お店を出るのは何時間後になるんでしょうか・・・。笑

と、奥さんが急かすので次へいきます。

お次はアウトドアチェアの大群!

うわーーーーーーーー。

ネットで見たあれもこれも!網羅されています!

この場所を眺めながら一杯やりたくなりますね。

特にこちらのバイヤーオブメインのチェアなんかは、愛知県では扱っているお店が少ないと思うので初めて実物を見ました。

可愛いですね。欲しくなります。

あとチェアと同じエリアにネイチャートーンズのギアも置いてありました。

こちらも実物を拝めることは少ないので、ラインナップしている辺りは流石ですね。

ネイチャートーンズは人気のキッチンテーブルやクーラーボックススタンドなどももちろん揃えてありましたよ!

ヘリノックス・コンフォートチェアミニの軍団の誘惑を横目に通路を歩いていくと、キッチンゾーンがあり・・・

ランタンゾーンへ!!

いつかは欲しい、憧れのペトロマックスを始め、珍しいアルコールランタンなど所狭しと並べられていました。

う〜ん。リフレクターの付いたペトロマックスの風貌ときたらなんてカッコイイんでしょうか。ここでも一杯やりたくなりますね。

そしてここを抜けてレジカウンターとちょうど対面になるエリアには各代表メーカーのショップインショップがあります。

我らがスノーピーク!

ここも名古屋近郊のスポーツオーソリティ等のショップインショップに比べると断然品揃えが多く感じました。

(IGT欲しいな〜。アメドPROもいいな〜。ノクターンもう一個買っちゃおうかな〜。)

なんて思っていたら奥さんからまた急かされました。笑

その横はコールマン!

アルペンアウトドアーズ内のショップインショップの中では恐らくコールマンが最大の売り場面積でした。

スノーピークより手頃なものが多いので人気なのでしょう、かなり品数を揃えているようでした。

ウェザーマスターいいですね〜。

コールマンのコーナーで特に目がいったのがこちらのミニチュアテント!

非売品ですが非常に良くできていて、何故かワクワクが更に加速してしまいました。

写真はこれしか撮っていませんが、ミニチュアは他にも3、4つぐらいありましたよ。

そのまた横はロゴス!

ロゴスは3社の中では一番狭い売り場面積でした。

個人的にはグランベーシックのトンネルドームが見たかったのですが、主力の2ルームテントPANELスクリーンドゥーブルが展示されていました。

ここが店舗の一番右奥になり、写真の右手へ行くとアパレルゾーンになっています。

コロンビア、パタゴニア、ノースフェイスなど人気ブランドを始め、他では見たことのないブランドも並んでいましたよ。

と、ここまでは店内の端をぐるっと回ったのですが、アルペンアウトドアーズの店内中央には「アレ」が無数に展示されているんです。

キャンプといえば・・・そう!

テント!!!

常時こんなに展示されているのを見たのは初めてで、テンションが最高潮に高まった私は次の瞬間奥さんに

「今日はここに泊まる」

と訳わかんないことをぬかす始末。

もちろん

「あっそ。」

と軽くあしらわれましたが。

テントコーナーを入り口と反対側から見るとこんな感じです。

写真は撮り忘れましたが、私が使用しているエントリーパックTTも展示されていましたよ。

こちらに在庫もありました。

販売開始後すぐに完売していましたが、今は生産が追いついて落ち着いた感じでしょうか?

このコーナーで特に気になったのはこちら。

テンティピテント・ジルコン!!

そしてこちら。

ヒルバーグ・ナマッジ3GT!!

憧れの海外幕・・・欲しい(;-;)

いつかはヒルバーグでソロキャンプなんてしてみたいですね。

タープも珍しいものがずらりと並んでいましたよ。

まとめ

以上、今回はニューオープンしたアルペンアウトドアーズのレポートでした。

国内でも類を見ないほど品揃えの良いショップだと思うので、愛知県外の方も一度行ってみる価値はあると思いますよ。

アルペンアウトドアーズに行けば、今までネットで実物を見ずに選んでいたようなギアも実際に手にとって比べることができるので、ここが最大のメリットになると思います。

ちなみに個人的な感覚ですが、

・WILD1名古屋守山店
→テンマクデザインや自社ブランド、釣り用品などアルペンに無い品揃え有
、中級以上のキャンパーさん向けかも?

・アルペンアウトドアーズ
→品数だけで言ったら圧倒的に軍配が上がる
、初心者キャンパーさんで道具をこれから色々揃えたい人向けかも?

という印象でした。

私はこれから用途に合わせて使い分けたいと思います!

それではまた。

 

【アルペンアウトドアーズ 春日井店】

〒486-0816 愛知県春日井市東野新町2丁目1−21

TEL0568-56-7261

https://www.alpen-group.jp/store/alpenoutdoors/

こちらはフロアマップです。


出典:アルペンアウトドアーズ







-キャンプのこと

Copyright© MINI Camper's Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.